くらしと環境 学習web 中高生向け学習のページ

はじめに(1) 多摩川-水の旅

 多摩川の水は, 埼玉県と山梨県にまたがる標高1,953mの笠取山付近を水源とし,一ノ瀬川,丹波川(たばがわ),多摩川,六郷川とその呼び名を変えながら,およそ138kmを下って東京湾に注ぎます。

 多摩川は,都内を流れる距離が最も長い河川です。また,関東各都県に水を供給している利根川の水が不足したとき,東京都に割り当てられている水の不足分を補うのが,この多摩川の水です。多摩川は,東京の川といってもよいのです。この多摩川に沿って下りながら,水の問題を考えてみましょう。

水の旅 終わりに―水の終着点 東京湾 下流(2)―水のリサイクル 下流(1)―生活排水は川を汚す 中流―川から水道へ 上流―緑のダムを守る

 

多摩川の様子は国土交通省のホームページからライブカメラで見ることができます。

<国土交通省 京浜河川事務所HPへリンク>


多摩川

<出典>国土交通省 京浜河川事務所ウェブページ