ここから本文です

東京都公立学校時間講師を希望される方へ(受付中)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

最終更新日:令和元年(2019)11月28日

東京都教育委員会では、東京都公立学校(小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校)の各学校において、正規教員以外に時間講師で対応する授業時間数が生じた際に、時間講師の方を任用し、各授業を担当していただいております。

東京都公立学校の時間講師を希望する方は、本ページを御参照いただき、申込方法の申請フォームからお申込みください。

選考は、年1回実施する名簿登載選考(定例選考)と随時で実施する名簿登載選考(随時選考)があります。それぞれの違いは以下1及び2のとおりです。

1 名簿登載選考(定例選考)(令和2年度向け選考)

  • (1)令和元年10月16日から令和元年11月29日までの間、申込みを受け付けます。書類等による選考があります。
  • (2)合格すると時間講師採用候補者名簿に登載されます。名簿は令和2年(2020)4月1日から令和3年(2021)3月31日までの1年間の任用において、有効な名簿となります。
  • (3)時間講師で対応する授業時間数が生じた場合に、名簿登載者から任用されます。

2 名簿登載選考(随時選考)(令和2年度向け選考)

  • (1)令和元年11月29日以降、申込みを受け付けます。書類等による選考があります。
    ※選考は名簿登載者の任用状況等を考慮して実施します。選考時期はお答えできませんので御了承ください。
  • (2)合格すると時間講師採用候補者名簿に登載されます。名簿は名簿登載時点から令和3年(2021)3月31日までの任用において、有効な名簿となります。
  • (3)時間講師で対応する授業時間数が生じた場合に、名簿登載者から任用されます。

3 申込方法(名簿登載選考)(令和2年度向け選考)

時間講師として勤務を希望される場合、下記リンク先にて必要項目を入力し、申請を行ってください。

名簿登載選考(定例選考)

応募方法等、選考の詳細については、名簿登載選考実施要項を御確認ください。

時間講師制度の変更に関するよくあるお問合せはこちら

応募に当たっては、下記の電子申請手続ページの利用を推奨しています(実施要項や様式類は電子申請手続ページでも確認できます。)。

名簿登載選考の電子申請手続ページ外部サイト別窓

名簿登載選考(随時選考)

実施時期は未定です。

4 申込方法(平成31年度任用)

平成31年度の任用については、下記電子申請ページからお申込みください。

希望申請フォーム(電子申請)外部サイト別窓

(1) 申請可能な時期

随時申請を受け付けています。現在は、平成31年度の希望を受け付けています。

(2) 申込情報の有効期間

申込内容の勤務希望時期の年度が経過した際、申し込みいただいた情報は抹消いたします。

(3) 申込内容の変更

時間講師希望申請フォームで申込みをした後、希望内容等を変更したい場合は、再度申請を行ってください。その場合、以前登録された入力内容は抹消いたします。

(4) 申込内容の抹消

時間講師希望申請フォームで申込みをした後、他の職への就職等により申込みを取り下げたい場合は、下記リンク先にて必要項目を入力し、申込内容の抹消申請を行ってください。

抹消申請フォーム(電子申請)外部サイト別窓

5 勤務条件(平成31年度任用)

(1) 任用期間

各学校での講師を任用する事由によりますが、以下のいずれかのパターン

  • ア 年間任用:4~3月の一年間
  • イ 短期任用:年間任用以外の短期間(4~7月の1学期のみ等)

(2) 勤務する学校

都内の公立小中学校、都立高等学校、都立中等教育学校、都立特別支援学校など

(3) 授業時間数

各校の事由に応じて異なりますが週当たりの上限は26時間まで

(4) 報酬

  • ア 勤務する時間数に応じて支給
  • イ 1時間の報酬単価:経験区分に応じ1,880円~2,860円(平成31年4月1日現在)
  • ※ 教職経験やその他の職歴の年数により経験区分が決定されますが、任用時に在職証明書等の提出が必要となります。
  • ※ 交通費は通勤及び勤務の実情に応じて別途支給

(5) 東京都時間講師以外の職業との兼業について

  • ア 勤務時間に支障がない限りで、他の職業と兼ねることができます。例えば民間の塾講師、私立学校の講師などです。ただし、兼業先の就業規則等で禁じられている場合は当然兼ねることはできません。
  • イ 東京都教育委員会が任命する他の非常勤職員(公立学校一般職非常勤職員など)を兼ねることはできません。

6 採用までの流れ(平成31年度任用)

電子申請にてお申し込みいただいた情報は必要に応じて各学校へ提供いたします。

各学校の担当者から直接候補者の方に連絡があり、その後各学校で面談等を実施し、採用の内定に至ります。

また、今回お申し込みいただいても必ず各学校から連絡があるとは限らない点は御注意ください。

7 講師番号について

講師番号とは東京都の時間講師として任用されて初めてその個人に対し付番がなされるものです。本ページでの申請をしただけでは番号は付与されませんので御注意ください。

  • ※ 例年、電子申請受付時の自動返信メールに記載された到達番号を講師番号と勘違いされる方がいらっしゃいます。到達番号自体は電子申請サービス内でのみ管理される番号ですので、お間違いのないようお願いいたします。

 

8 時間講師制度の変更に関するよくあるお問合せ

地方公務員法等の改正に伴い、現行、特別職の非常勤職員である「時間講師」は、令和2年度から、一般職の「会計年度任用職員」となります。

制度の変更に関するよくあるお問合せをまとめました。

Get Adobe Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ

教育庁人事部職員課講師等任用担当
電話:03-5320-6794 ファクシミリ:03-5388-1729
メール:S9000013(at)section.metro.tokyo.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。
お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページID 3473

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ