ここから本文です

都立中高一貫教育校(中等教育学校及び併設型中高一貫教育校)とは

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

最終更新日:平成30年(2018)2月28日

1 都立中高一貫教育校とは

6年間の一貫教育の中で、社会の様々な場面、分野において人々の信頼を得て、将来のリーダーとなり得る人材を育成することを目的とする学校です。

2 都立中高一貫教育校が目指す教育

  • (1)6年間の一貫した教養教育を行うことで、総合的な学力を培うとともに、個の確立を図り、生徒の個性や創造性を伸ばします。
  • (2)使命感・倫理観、社会貢献の心、日本人としてのアイデンティティなど、これからの日本人に求められる資質を育てます
  • (3)教養教育を重視しながら各校が特色ある教育を行うことを通じて、社会の様々な場面、分野で信頼されるリーダーとなり得る人材を育成します。

3 都立中高一貫教育校の種類

 都立中高一貫教育校については、次の2つの種類があります。

(1)中等教育学校

  • 6年間の一貫教育を一つの学校で行います。
  • 最初の3年間を前期課程、後の3年間を後期課程といいます。
  • 後期課程からの入学者の募集は行いません。

(2)併設型(都立中学校+都立高校)

  • 都立中学校と都立高校を接続して6年間の一貫教育を行います。
  • 都立中学校の生徒が接続している都立高校に進学する場合は、高校入試がありません。
  • 接続している都立高校は、他の中学校からの入学希望者を受け入れるために高校入試を行います。

4 都立中高一貫教育校

 (1) 中等教育学校

  • 小石川中等教育学校
  • 桜修館中等教育学校
  • 立川国際中等教育学校
  • 南多摩中等教育学校
  • 三鷹中等教育学校

(2)併設型(都立中学校+都立高校)

  • 白鷗高校・附属中学校
  • 両国高校・附属中学校
  • 武蔵高校・附属中学校
  • 富士高校・附属中学校
  • 大泉高校・附属中学校

5 都立中高一貫教育校への入学について

都立中高一貫教育校では、一般枠募集の他に、一部の学校では特別枠募集や海外帰国・在京外国人生徒枠募集を実施しています。

入学者の決定に当たっては、各校の特色に照らした適性検査等を行います。

適性検査とは、自分自身で問題を発見し、筋道を立てて考え、よりよく解決しようとする態度や能力などをみるために行う検査です。

具体的な募集の内容は毎年6月頃に発表しますが、詳細については各校が9月頃に定める募集要項でご確認ください。

 

お問い合わせ

○ 概要について
教育庁都立学校教育部高等学校教育課都立高校改革推進担当
電話:03-5320-6895 ファクシミリ:03-5388-1727
メール:S9000011(at)section.metro.tokyo.jp

○ 中高一貫教育校の入学・転学等について
教育庁都立学校教育部高等学校教育課入学選抜担当
電話:03-5320-6745 ファクシミリ:03-5388-1727
メール:S9000011(at)section.metro.tokyo.jp

迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。
お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページID 2621

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ