ここから本文です

動物飼育

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

最終更新日:平成29年(2017)3月31日

1 小学校動物飼育推進校とは

児童に「生命の尊さ」を理解させ、「動物愛護」の心を培う教育を更に推進していくためには、各小学校において児童による継続的な動物飼育が大切です。そこで、東京都教育委員会は、継続的な動物飼育に係る指導方法の開発や獣医師等との連携に先進的に取り組む「小学校動物飼育推進校」を指定し、各推進校での成果を全都に普及・啓発しています。

2 平成28年度「小学校動物飼育推進校」

  • (1)新宿区立東戸山小学校
  • (2)大田区立赤松小学校
  • (3)世田谷区立松原小学校
  • (4)青梅市立第四小学校
  • (5)日野市立豊田小学校

3 指定期間

原則として、平成28・29年度の2年間

4 実践事例

5 各推進校からの声

  • 児童、教員、保護者等が学校担当獣医師からの専門的な指導・助言を受けることで、飼育動物の衛生管理についての理解が深まりました。特に、児童が、飼育日誌を書くことにより、飼育動物の爪の伸び方やふんの様子等について丁寧に観察をすることができるようになり、飼育活動の質の向上につながりました。
  • 児童が、飼育動物の触り方や特徴を体験的に学ぶことで、飼育活動に対する責任感等を育てることができました。飼育動物を少し怖がっていた児童も、動物が嫌がらない抱き方を身に付けることで、うれしそうな表情が見られるようになるなど、児童が飼育動物に親しみをもって飼育活動に取り組むことができるようになりました。
  • 飼育担当の教員だけでなく、学校全体の教員が、飼育動物について学ぶ機会をもつことができ、全ての教員が、適正な飼育の仕方について理解することができました。教員が、飼育動物に関心をもち、理解を深めることで、児童に生命の尊さを理解させ、動物愛護の心を培う教育を更に推進することができました。
Get Adobe Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ

教育庁指導部義務教育指導課
電話:03-5320-6841 ファクシミリ:03-5388-1733
メール:S9000024(at)section.metro.tokyo.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。
お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページID 2349

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ