エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成25年12月18日
教育庁

〈東京都子供読書活動推進事業〉 都立多摩図書館 公開講座
『本のたのしみをわかちあう』


 都立多摩図書館では、子供の読書活動を推進するため、子供と本についての公開講座を開催します。
 松岡享子さんは、東京子ども図書館の理事長として児童図書館員を育成するとともに、子供の本や読書に関する研究書の出版等、子供の読書のための様々な活動を行っています。また最近は、大震災復興支援プロジェクト「3.11からの出発」として、被災地での図書館活動を支援しています。この講座では、本の楽しさを子供とわかちあう大切さをお話ししていただきます。
 保護者・学校関係者をはじめ、子供の読書に関心のある多くの方々のご参加をお待ちしています。

1 開催日時

平成26年2月15日(土曜日) 午後2時から午後4時まで

2 講師

松岡 享子(まつおか きょうこ)さん (公益財団法人東京子ども図書館理事長)

3 会場

東京都多摩教育センター ホール(東京都立川市錦町6-3-1)
最寄り駅 JR南武線 西国立駅 徒歩10分

4 対象・定員

子供の読書に関心のある方など 800名 (参加費無料)

5 申込方法

平成26年1月31日(金曜日)までに、いずれかの方法でお申し込みください。
お申し込み多数の場合は抽選となります。


松岡 享子さんプロフィール

 公益財団法人東京子ども図書館理事長、児童文学作家、評論家。神戸女学院大学英文科、慶応大学図書館学科卒業後、1961年渡米。ウェスタンミシガン大学大学院で児童図書館学専攻ののち、ボルチモア市立イーノック・プラット公共図書館の児童図書館員として1年間勤務。著作は『くしゃみくしゃみ天のめぐみ』(1968)、『なぞなぞのすきな女の子』(1973)等。翻訳は『がんばれヘンリーくん』シリーズ(1968)のほか絵本多数。評論に『サンタクロースの部屋』(1978)。


<問合せ先>
東京都立多摩図書館
電話 042-524-6428