エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成25年1月17日
教育庁

適切な部活動指導の推進についての通知及び実態調査の実施について


 今般、大阪市の高等学校において、顧問教諭からの体罰により生徒が自殺するという痛ましい事件が発生し、部活動における体罰が社会問題となっています。
 東京都教育委員会は、この度の事件を契機として、下記のとおり、都立学校長及び区市町村教育委員会教育長宛に、本日、改めて体罰の根絶に向けた通知をするとともに、部活動指導上の課題を明らかにしていくための暴力による体罰の実態調査を実施することとしましたのでお知らせします。


1 通知

 別添「適切な部活動指導の推進について(通知)」のとおり

2 実態調査

 別添「部活動指導における暴力による体罰の実態把握について(依頼)」のとおり

(1)調査対象
都立学校及び区市町村立中学校等の校長、顧問教諭(運動系・文化系)及び全生徒
(2)調査内容
平成24年度の部活動指導における「暴力による体罰」の実態
(3)調査方法
  • 顧問教諭は、校長による個別聞き取り調査
  • 生徒は、ホームルーム(学級)担任による質問紙調査
(4)調査期間
  • 都立学校 平成25年1月21日から2月28日まで
  • 区市町村立中学校等 平成25年1月28日から3月15日まで

※別添


<問合せ先>
教育庁指導部指導企画課
電話 03-5320-6887