エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年4月13日
教育庁

平成29年度パラリンピック競技応援校を指定しました


 東京都教育委員会は、東京2020大会の開催に向けて、小・中学校における障害者スポーツへの一層の理解促進と普及・啓発を図るため、パラリンピック競技の観戦・体験及びボランティア等を行うパラリンピック競技応援校を10校指定しましたので、お知らせします。

1 目的

 応援校が選択したパラリンピック競技を観戦することや実際に体験すること、また、競技大会の運営ボランティアとして参加すること等を通じて、児童・生徒の障害者スポーツに対する興味・関心の向上、理解の促進を図るとともに、取組成果を他校へ普及・啓発する。

2 事業期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

3 事業内容

 指定を受けた学校が、選択したパラリンピック競技について、パラリンピック競技団体と連携し以下の取組を実施することにより、児童・生徒の障害者及び障害者スポーツへの理解を促進するとともに、東京2020大会以降もパラリンピック競技に親しみ、応援しようとする態度を育成する。また、各学校で取組成果を取りまとめ、他校へ普及・啓発を行う。

〔取組内容〕

(1) 競技の観戦、応援

(2) 競技の体験

(3) 年間活動計画の作成

(4) 競技大会での運営ボランティア

(5) その他、競技の理解・啓発に関する取組

4 パラリンピック競技応援校

(1) 校種別指定校数(10校)
校種 校数
小学校 6校
中学校 4校
10校
(2)競技別指定校
シッティングバレーボール(2校)
豊島区立池袋第三小学校
小平市立小平第五中学校
ブラインドサッカー(2校)
品川区立荏原第六中学校
羽村市立羽村第二中学校
ボッチャ(2校)
台東区立大正小学校
東村山市立回田小学校
ゴールボール(1校)
足立区立花保小学校
車椅子バスケットボール(1校)
東久留米市立神宝小学校
ウィルチェアーラグビー (1校)
渋谷区立長谷戸小学校
車いすフェンシング (1校)
練馬区立開進第四中学校

「2020年に向けた実行プラン」事業

 本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。

「ダイバーシティ 政策の柱7 未来を担う人材の育成」


<問合せ先>
教育庁指導部指導企画課オリンピック・パラリンピック教育担当
電話 03-5320-7787
ファクシミリ 03-5388-1733
メール S900020 (at)section.metro.tokyo.jp
お手数ですが、(at)を@に変えてご利用ください。