エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年4月7日
教育庁

都立高等学校における個人情報に関わる事故について


 東京都立武蔵高等学校において、同校保健室で保管していた、平成27年度末に卒業した192名の生徒健康診断票(5年間保存)を紛失する事故が発生しましたので、お知らせします。
 なお、当該生徒健康診断票は誤って廃棄した可能性が高く、現在まで、外部への個人情報の流出及び被害の発生は報告されていません。

1 紛失した個人情報

東京都立武蔵高等学校平成27年度卒業生192名の生徒健康診断票
【 記載内容 】
 高校1年~3年時に受診した健康診断結果
・生徒健康診断票(一般)
 氏名、性別、生年月日、身長、体重、視力、聴力、耳鼻咽喉疾患、心臓(心電図等)、結核(フィルム番号等)、尿、学校医所見 等
・生徒健康診断票(歯・口腔)
 氏名、性別、生年月日、歯式、歯の状態、学校医所見 等

2 事故の経緯

3 生徒健康診断票の管理

4 都教育委員会の対応

(1)当該卒業生等への説明・お詫び

 平成29年4月6日(木曜日)、平成27年度卒業生及びその保護者に対し、本件誤廃棄の概要とお詫びを記した文書を発出した。
 平成29年4月12日(水曜日)、平成27年度卒業生及びその保護者向けの説明会を開催し、概要を説明しお詫びする予定である。

(2)再発の防止

 同校に対し、都教育委員会で作成した「学校保健における適切な個人情報管理のための手引き(平成25年4月)」を再確認し、生徒健康診断票の毎年度の整理の際や文書の廃棄に当たっては、複数人で対応し確認するなど、個人情報の管理や取扱いについて更なる徹底を図り、再発防止に向けた措置を講ずるよう指示した。
 また、平成29年4月7日付けで、全ての都立学校に対して通知を発出し、学校保健における適切な個人情報管理の徹底について注意喚起した。


<問合せ先>
教育庁都立学校教育部学校健康推進課
電話 03-5320-6877