エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年1月25日
教育庁

~ 東京都立多摩図書館移転オープン記念イベント ~
東京マガジンバンクカレッジ 3月のイベントのお知らせ


 都立多摩図書館は移転オープンを機に「東京マガジンバンクカレッジ」を開設します。「雑誌総合」「多摩」「鉄道」の3 のセクションを設け、利用者の皆様とともに雑誌を「知る・作る・伝える」セミナーやワークショップを開催し、雑誌を仲立ちとして知的創造と交流の拠点を作り上げることを目指す活動を展開します。
 キックオフ記念講演会では、雑誌の魅力や可能性について「雑誌の過去・現在・未来」をテーマに、3 人の講師にお話しいただきます。 また、「雑誌総合」セクションの第一弾として、現役大学生の研究成果発表会を実施します。是非お越しください。

1 東京マガジンバンクカレッジ キックオフ記念講演会 「雑誌の過去・現在・未来」

(1)開催日時

 平成29年3月12日(日曜日)午後2時から午後5時まで
 講演と鼎談:午後2時から午後4時まで
 ワークショップ等と希望者対象のバックヤードツアー:午後4時から午後5時まで

(2)講師

清水 一彦(しみず かずひこ)氏
江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授、元『POPEYE』編集長。他に『Tarzan』『relax』創刊編集、『Hanako FOR MEN』プロデュースなど。主要論文「「若者の読書離れ」という“常識”の構成と受容」(2015)、「“みゆき族”の社会的記憶変容における『平凡パンチ』とVANの役割」(2012)
難波 功士(なんば こうじ)氏
関西学院大学社会学部教授。主な著作等『「就活」の社会史 大学は出たけれど…』(2014)、『メディア論 ブックガイドシリーズ基本の30冊』(2011)、『創刊の社会史』(2009)
辻 泉(つじ いずみ)氏
中央大学文学部人文社会学科教授、社会情報学専攻。主な著作等(いずれも共編著)『<若者>の溶解』(2016)、『デジタルメディアの社会学』(改訂版、2013)、『文化社会学の視座』(2008)

(3)会場および定員

 東京都立多摩図書館2階セミナールーム  120名程度

2 雑誌総合セクション 第一弾 「雑誌解体!~ポピュラー文化とメディア変容~」

 音楽やスポーツなど、趣味系雑誌を題材に現役大学生が研究成果を皆さんの前で発表・発信!自由な発想で雑誌とそれをめぐる文化を読み解きます。

(1)開催日時

 平成29年3月26日(日曜日)午後2時から午後5時まで
 発表および辻教授の講評:午後2時から午後4時まで
 ワークショップ等と希望者対象のバックヤードツアー:午後4時から午後5時まで

(2)発表者

 中央大学 辻ゼミ生

(3)会場および定員

東京都立多摩図書館2階セミナールーム  60名程度

3 申込方法

(1)申込先

【往復はがき】
〒185-8520 東京都国分寺市泉町2-2-26
東京都立多摩図書館 情報サービス担当 行
【WEB】
都立図書館ホームページ http://www.library.metro.tokyo.jp/

(2)記入項目

 往復はがきは下記①~⑧をご記入の上、申込先へお送りください。

(3)申込期限

 「キックオフ記念講演会」 平成29年2月27日(月曜日)
 「雑誌解体!」 平成29年3月13日(月曜日)
 ※往復はがきは当日消印有効、Eメールは当日到着分まで有効
 ※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせします。

4 その他

 駐車場(有料)は台数に限りがありますので、ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。


東京マガジンバンクカレッジ キックオフ記念講演会 「雑誌の過去・現在・未来」のチラシ
「東京マガジンバンクカレッジ キックオフ記念講演会 「雑誌の過去・現在・未来」」(PDF形式:1.5MB)


<東京都立多摩図書館のご案内>

<問合せ先>
東京都立多摩図書館
電話 042-359-4020
ファクシミリ 042-359-4121