エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成28年6月10日
教育庁

「防災ノート活用促進月間」における取組の推進


 東京都教育委員会では、防災ノート「東京防災」の活用により、学校と家庭・地域が一体となった防災行動をより一層促進するため、今年度新たに、7月から9月までを「防災ノート活用促進月間」とするとともに、「親子防災体験」及び「防災標語コンクール」を実施することとしましたので、お知らせします。

1 親子防災体験

(1) 目的

 児童と保護者が防災体験施設を訪問することにより、ともに防災への関心を高め、災害時における具体的な行動につなげる。

(2) 概要

 防災体験施設において、防災ノート「東京防災」を持参のうえ児童と保護者がともに防災体験(地震体験、消火体験等)を行う。【体験した児童には、防災グッズ(ホイッスル&ライト)を配布】
 別添「親子防災体験」チラシ(PDF形式:2.2MB)を参照

(3) 対象

 都内全公立・私立小学校、特別支援学校(小学部)及び義務教育学校(前期課程)の児童及びその保護者

(4) 開催期間

 平成28年7月1日(金曜日)から9月30日(金曜日)まで

(5) 実施場所

 都内7か所の防災体験施設

  施設名称 所在
東京消防庁
都民防災教育センター
池袋防災館 東京都豊島区西池袋2-37-8
本所防災館 東京都墨田区横川4-6-6
立川防災館 東京都立川市泉町1156-1
東京消防庁消防博物館 東京都新宿区四谷3-10
そなエリア東京(東京臨海広域防災公園) 東京都江東区有明3-8-35
しながわ防災体験館 東京都品川区広町2-1-36
品川区防災センター2階
東京都北区防災センター(地震の科学館) 東京都北区西ヶ原2-1-6

2 防災標語コンクール

(1) 目的

 生徒が学校や家庭で防災に関わる標語を考えるとともに、その標語をのぼり旗にして校内に掲示することにより、学校と家庭・地域における防災への意識を高める。

(2) 概要

 防災ブック「東京防災」や防災ノート「東京防災」を活用した学習を通して学んだことを踏まえ、生徒が防災標語を考える。
 別添「防災標語コンクール」チラシ(PDF形式:1.3MB)を参照

(3) 対象

 都内全公立中学校、中等教育学校(前期課程)、特別支援学校(中学部)及び義務教育学校(後期課程)の第1学年 全生徒

(4) 応募期間

 平成28年7月1日(金曜日)から9月16日(金曜日)まで

(5) 応募方法

 生徒は、防災ノート「東京防災」に防災標語を記載し、在籍する中学校等に提出

(6) 表彰等


<問合せ先>
教育庁指導部指導企画課
電話 03-5320-6836
ファクシミリ 03-5388-1733
メール S9000020(at)section.metro.tokyo.jp
お手数ですが、(at)を@に変えてご利用ください。