エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成28 年3月24日
教育庁

『オリンピック・パラリンピック学習読本・映像教材』と『Welcome to Tokyo』の配布について
-4月からオリンピック・パラリンピック教育が本格的に始まります!!-


 東京都教育委員会は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツに親しみ、知・徳・体の調和のとれた人、日本人としての自覚と誇りを持ち、自ら学び行動できる国際感覚を備えた人の育成等を目指して、平成28年度より全公立学校においてオリンピック・パラリンピック教育を本格的に推進します。
 その一環として、この度、オリンピック・パラリンピック学習補助教材及び都独自の英語教材を作成しましたので、お知らせします。

1 オリンピック・パラリンピック学習補助教材

(1)ねらい

(2)制作物と配布先

オリンピック・パラリンピック学習読本表紙の写真

2 都独自英語教材『Welcome to Tokyo』

(1)ねらい

(2)制作物と配布先

 冊子教材及びDVD教材
 都内公立小学校5年生以上の全児童・生徒


 ※特徴等は、こちらをご覧ください。


<問合せ先>
〇学習読本・映像教材
  教育庁指導部指導企画課
  電話 03-5320-7864
〇Welcome to Tokyo
  教育庁指導部指導企画課
  電話 03-5320-6867

《特徴》

オリンピック・パラリンピック学習読本

    •  小学校編(4~6年用)、中学校編、高等学校編の3種類を作成
    •  オリンピック・パラリンピックの歴史や意義、開催に伴う社会の変化や人々の努力、スポーツのすばらしさ等、基礎的な内容を発達段階に応じて掲載
    •  学習内容と関連させて、調べたり話し合ったりする活動や、「する」「観る」「支える」活動につなげる「学習の扉」を掲載
  • 【学習読本の構成】

    第Ⅰ章
    第32回オリンピック競技大会・東京2020パラリンピック競技大会が東京へ
    第Ⅱ章
    オリンピック・パラリンピックの精神
    第Ⅲ章
    オリンピック・パラリンピックと日本
    第Ⅳ章
    世界に発信する日本の良さ
    第Ⅴ章
    東京オリンピック・パラリンピックが目指すもの

オリンピック・パラリンピック教育映像教材(DVD)

    •  オリンピック・パラリンピックの意義や歴史、大会の様子、オリンピアン・パラリンピアンの言葉、大会を支える人々等について映像で表現
    •  各教科や道徳、総合的な学習の時間と関連付け、補助教材として、主教材として、学習材料の一つとして活用
  • 【映像教材の構成】

    第1巻
    「オリンピック-オリンピズムが求める世界-」
    第2巻
    「パラリンピック-人間の可能性-」
    第3巻
    「クーベルタン-夢と理想-」
    第4巻
    「嘉納治五郎-オリンピックへの道-」
    第5巻
    「1964年東京オリンピック-2020年に向けて-」

英語補助教材『Welcome to Tokyo』(冊子及びDVD)

  •  Elementary(初級編)、Basic(基礎編)、Intermediate(発展編)の3種類を作成
     Elementary(初級編)・・・ 英検5級程度、小学校5・6年生に配布
     Basic(基礎編)・・・・・・英検4~3級程度、 中学生に配布
     Intermediate(発展編)・・ 英検準2~準1級程度、高校生に配布
  •  「伝統文化」「生活文化」「自然・地域」「科学技術」「東京の歴史」の5つの分野にわたり、東京都62区市町村の特色を取り入れながら内容を作成
  •  「読む」「聞く」ための素材である本文、「書く」「話す」ことを中心としたアクティビティのほか、課題解決学習を行うプロジェクトやコラムにより構成
  •  教材の特長
    • 東京及び日本の伝統・文化等について理解を深め、英語を用いて発信
    • 様々な言語活動を通して、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成
    • 映像等を通して外国人とのコミュニケーションの場面を体験的に学習
  •  小学校外国語活動や中学・高校の英語授業で活用。また、総合的な学習の時間やオリンピック・パラリンピック学習としても活用