エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成27年6月8日
教育庁

都立農業高等学校が販売したイチゴジャムの回収について


 都立農業高等学校が、生産・販売を行ったイチゴジャムにカビと思われるものの混入が確認されました。購入された方の安全を第一に考え、回収することといたしましたので、お知らせします。購入された皆様には、多大なる御迷惑をお掛けいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。なお、購入された方からの健康被害のお申し出は、現在のところございません。
 これまでも都教育委員会は加工食品の生産・販売を実施している都立学校に対し、加工食品の取扱いについて指導してきたところですが、今回の件を受けて、改めて都立学校に対し、食品の安全確保に万全を期すよう指導を徹底してまいります。

1 概要

 平成27年6月6日(土曜日)第43回調布市環境フェアにおいて、都立農業高等学校が自校で生産したイチゴジャムを販売したところ、当該イチゴジャムを購入した3名から、ジャムにカビが生えているのではないかとの申し出があった。なお、出品した84個のうち、80個を販売し、うち、返品を受けた3個及び売れ残り1個にカビと思われるものを確認した。

2 販売場所

 調布市役所前庭 (第43回調布市環境フェア会場)

3 経過

4 販売品の回収及び代金返金手続について 

 上記の事実を直ちにホームページ等で公表するとともに、都立農業高等学校が生産・販売を行ったイチゴジャムを購入された方には、販売品の引き取り及び代金の返金を行う。


   <連絡先>

    都立農業高等学校 副校長 神谷(かみや)

   (電話)042-362-2211

5 今後の対応

 保健所等関係機関と連携して原因を究明するとともに、衛生管理対策に万全を期してまいります。


<問合せ先>
教育庁都立学校教育部高等学校教育課 
電話 03-5320-6742