エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成27年2月6日
教育庁

平成26年度東京都多摩地区教育推進委員会報告会の開催について


 東京都多摩教育事務所では、東京都多摩地区教育推進委員会を設置し、「言葉と体験を重視した学校づくり」について、多摩地区の伝統・文化を生かした実践事例を基に研究を進めてきました。今回、その成果を報告します。

1 開催日時

 平成27年2月13日(金曜日) 14時から16時50分まで

2 場所

 東京都多摩教育センターホール(立川市錦町6-3-1)

3 内容

<研究主題>

言葉と体験を重視した学校づくり
 ― 多摩地区の伝統・文化を生かして ―

(1)報告・協議 (14時00分~15時50分)

<報告者> 東京都多摩地区教育推進委員会(※)
<報告内容>

(2)講演 (15時50分~16時50分)

演題 「日本の伝統・文化に学ぶ」

 東京都江戸東京博物館 館長  竹内 誠 氏

<主な経歴>
 徳川林政史研究所主任研究員、信州大学助教授、東京学芸大学教授、立正大学教授を経て、現在、東京学芸大学名誉教授、東京都江戸東京博物館館長、徳川林政史研究所所長、日本博物館協会顧問など歴任

4 対象

 公立・私立学校の教員、大学関係者、教職志望の学生など、どなたでも参加できます。

5 その他


※ 東京都多摩地区教育推進委員会

 今年度で通算41年次を迎える研究組織で、多摩地区の小・中学校に在籍する教諭等で構成されています。
 多摩地区の教育課題に関する調査・研究を行い、その成果を学校に還元することにより、多摩地区の学校教育の充実・発展に期することをねらいとしています。


東京都多摩教育事務所ホームページ     http://www.tamajimu.metro.tokyo.jp/

平成26年度東京都多摩地区教育推進委員会報告会のチラシ
平成26年度東京都多摩地区教育推進委員会報告会の開催について(PDF形式:344KB)


<問合せ先>
東京都多摩教育事務所指導課
電話 042-524-7137