エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成26年9月11日
教育庁

東京都立高等学校入学者選抜学力検査における採点の誤りに係る教育委員会コメントについて


 本日の教育委員会定例会において、東京都立高等学校入学者選抜学力検査における採点の誤りに関して、再発防止・改善策について報告を受けるとともに、学校及び事務局の関係職員に対する処分が決定したことを受け、東京都教育委員会として、別紙のとおりコメントを発表いたしましたので、お知らせします。




別紙

東京都立高等学校入学者選抜学力検査における採点の誤りについて

 都立高校の入学者選抜におきまして、3か年にわたり、多数の学校で3千件を超える採点の誤りが判明し、追加合格となる受検者は22名に上ることが明らかになりました。
 採点の誤りは、受検した生徒の人生を左右することにつながり、断じてあってはならないことです。都民の皆様の都立高校に寄せる信頼を大きく損なったことに対して、心よりお詫び申し上げます。とりわけ、本来合格であったにもかかわらず不合格とされた生徒及びその保護者の皆様方には、重ねてお詫び申し上げますとともに、今後とも誠意を持って対応してまいります。
 東京都教育委員会は、採点の誤りが発見された直後から、学校職員と教育委員会事務局職員により総力を挙げて答案の点検を行ってまいりました。その上で、「都立高校入試 調査・改善委員会」を設置して、外部有識者や保護者の視点を入れながら、あらゆる面から誤りが発生した原因を究明し、実効性ある再発防止・改善策の検討を行い、本日、「都立高校入試の採点誤りに関する再発防止・改善策」を策定いたしました。
 今後は、教育委員会と学校が一丸となって、この「再発防止・改善策」を確実に実行してまいります。
 学力検査の採点において、このような事態を招いた責任は、東京都教育委員会はもちろんのこと、教育長以下の事務局職員及び学校職員にあります。このため、関係者に対する処分を行うとともに、教育委員としても在任期間に応じて報酬の一部を自主返納することといたしました。
 東京都教育委員会は、二度とこのような事態を起こさないよう、全力で取り組み、都民の信頼の回復に努めてまいります。


平成26年9月11日
東京都教育委員会


<問合せ先>
教育庁総務部総務課
電話 03-5320-6721