東京都教育委員会

トップページ サイトマップ 窓口ご案内 ご意見・ご要望
サイト内検索
トップページ政策情報ページ>子供の学力向上
平成23年6月20日
教育庁

東京都教育委員会の重要な政策情報



子供の学力向上

児童・生徒の「確かな学力」の定着と伸長を図る取組
都立高等学校学力向上開拓推進事業





児童・生徒の「確かな学力」の定着と伸長を図る取組

 東京都教育委員会では、児童・生徒の「確かな学力」の定着と伸長を図るため、「児童・生徒の学力向上を図るための調査」を実施するとともに、「習熟度別少人数指導実践研究推進校」を指定し、習熟の程度に応じた指導方法・教材の開発及びその効果検証等についての研究・開発を行っています。また、習熟の程度の早い児童・生徒への支援として、「発展的な学習を推進するための教材・指導法」の研究・開発を行っています。


「児童・生徒の学力向上を図るための調査」について

 東京都教育委員会は、「10年後の東京」への実行プログラム2010に示したとおり、平成22年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」を実施しました。 今後は、調査結果を活用し、学校教育の改善・充実を図っていきます。

 本調査の詳細と調査票は、次のホームページでご覧いただけます。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr101026s.htmへのリンク》


「習熟度別少人数指導実践研究推進校」について

 平成23・24年度「習熟度別少人数指導実践研究推進校(小学校5校、中学校4校)」を指定し、習熟の程度に応じた指導方法の開発・教材の開発、習熟度別少人数指導における効果検証、「確かな学力向上実践研究推進校(平成21・22年度)」で明らかになった習熟度別少人数における効果的な指導の在り方等の研究・開発を行っています。

 推進校各校での研究・開発の成果を広めるための「確かな学力向上実践研究協議会(参加対象:学校関係者)」を、平成22年度は小学校4校・中学校2校で実施します。


「改訂版 児童・生徒の学習のつまずきを防ぐ指導基準(東京ミニマム)」について

 「改訂版 指導基準(東京ミニマム)」とは・・・

児童・生徒が確実に身に付けていないと、その後の学習でのつまずきの原因となる能力等を明らかにしています。また新しい学習指導要領(平成20年3月告示)を踏まえ、改訂版 東京ミニマムを活用した学習指導の指導事例を示してあります。

・ 都内の公立小・中学校、中等教育学校に配布し、授業改善を進めています。

右の画像をクリックすると「児童・生徒の学習のつまずきを防ぐ指導基準(東京ミニマム)」を御覧いただけます。


 保護者向けパンフレットについては、次のホームページでご覧いただけます。

改訂版 児童・生徒の学習のつまずきを防ぐ指導基準・東京ミニマム保護者用パンフレットへのリンク》

「児童・生徒の学習のつまずきを防ぐ指導基準(東京ミニマム)」

 「改訂版 指導基準(東京ミニマム)」の効果

・ 基礎的・基本的な内容での学習のつまずきを予防することができます。
・ 学習に遅れがちな児童・生徒への指導を改善することができます。
・ 初任者等、経験の少ない教員の授業づくりに生かすことができます。

指導基準の構成(算数科・数学科)

 

「発展的な学習を推進するための教材・指導法の開発」について

 平成22年度は、小学校の国語、社会、算数、理科において、発展的な学習を推進するための教材・指導法の研究・開発を行い、「発展的な学習を推進するための指導資料」を作成し、都内公立小・中学校に配布し、発展的な学習を推進しています。平成23年度は、中学校の国語、社会、数学、理科、外国語(英語)において、発展的な学習を推進するための教材・指導法の研究・開発を行っていきます。

 

授業改善や学習指導にかかわる先進情報(メールマガジン)の提供について

  児童・生徒一人一人の「確かな学力の定着と伸長」を目指して、東京都教育委員会が有する先進情報等を適宜発信して、学校や教員の教育活動を支援します。

・ 情報は、各区市町村教育委員会及び希望する学校・教員に直接電子メールに添付する形で配信します。
・ 配信した情報は、同時にバックナンバーを付記して、「学び応援ページ」に掲載しています。

授業改善や学習指導にかかわる先進情報(メールマガジン)の提供について

 

東京都学力向上施策検討委員会の設置

  東京都の学力向上施策に関して、有識者、区市町村教育委員会の代表、校長会の代表などから構成される検討委員会を設置するとともに、東京都教育委員会と区市町村教育委員会との連携を強化していく。

 

お問い合わせ

 指導部義務教育特別支援教育指導課 電話 03-5320-6841

 都民の皆様からのご意見などをお待ちしています。
  あなたの声をお寄せください


都立高等学校学力向上開拓推進事業


 

「都立高等学校学力向上開拓推進事業」とは・・・

 東京都教育委員会では、平成22年度より、都立高校生の「確かな学力」の向上に向けて、「都立高校学力向上開拓推進校の指定」と「外部機関による進学指導診断の実施」とからなる「都立高等学校学力向上開拓推進事業」を実施しています。
都立高等学校学力向上開拓推進事業について

資料1「都立高等学校学力向上開拓推進事業について」(PDF形式:231KB)


都立高校学力向上開拓推進校の指定

 指定校は、高校入試や各学校で実施する学力調査等のデータ分析に基づき、生徒の学力の実態を把握し、到達目標等を定めた「学力向上推進プラン」を作成・改善していくサイクルの中で、授業改善や生徒の学力の向上を図ります。

○ 指定校
足立・浅草・美原・八潮・深川・目黒・文京・飛鳥・武蔵丘・稔ヶ丘・南平・松が谷・上水・小平南・青梅総合の15校
○ 指定期間
平成22年度から平成24年度までの3年間
○ 今後の予定
平成23年度からすべての都立高校で取り組みます
都立○○高等学校学力向上推進プラン(全体計画)(サンプル) 都立○○高等学校 教科別学力向上推進プラン(サンプル)

資料2「学力向上推進プラン(全体計画)(サンプル)」(PDF形式:30.1KB)
資料3「教科別学力向上推進プラン(サンプル)」(PDF形式:61.1KB)



外部機関による進学指導診断の実施

 都立高校における進学指導のマネジメントの定着を図るため、進学指導アドバイザー(=予備校等の外部講師)を学校に派遣し、進学指導診断を実施します


○ 実施校
 平成22年度は、小山台・駒場・新宿・町田・国分寺・三田・豊多摩・北園・城東・小松川の10校、
 平成23年度は、国際・竹早・墨田川・武蔵野北・小金井北・桜修館中等・小石川中等・白鴎・両国の9校で実施します。

○ 進学指導アドバイザーを派遣する予備校等
 河合塾、駿台予備学校、ベネッセコーポレーション、代々木ゼミナール

○ 実施内容
・ 進学実績向上のための経営戦略の診断
・ 進学指導体制の診断
・ 指導力向上に向けた教科指導の診断
・ 進学指導にかかわる協議会

 

お問い合わせ

 指導部高等学校教育指導課 電話 03-5320-6845

 都民の皆様からのご意見などをお待ちしています。
  あなたの声をお寄せください。

 

PRコーナー
2020年の東京 緑の東京募金の画像
 

 


トップページへ このページのトップへ
東京都教育庁総務部教育情報課 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 電話 03-5320-6733 FAX 03-5388-1726
(C)Copyright 2004 Tokyo Metropolitan Government Board of Education. All rights reserved.