東京都教育委員会

トップページ サイトマップ 窓口ご案内 ご意見・ご要望
トップページ安全・健康>学校における高病原性鳥インフルエンザ防疫の実施について
報道発表資料
平成16年3月8日
教育庁
 

学校における高病原性鳥インフルエンザ防疫の実施について

 本日、東京都教育委員会では、全都的な鳥インフルエンザの発生予防を図るため、学校における飼育施設に対する消毒を含む防疫の実施について、都立学校及び区市町村教育委員会に対し別紙のとおり通知しましたので、お知らせします。
 なお、これまでも、国内での鳥インフルエンザの発生を受けて、都立学校及び区市町村教育委員会に対し、学校飼育動物の状態観察、飼育施設内の衛生管理の徹底などを行う旨指導・助言し、児童・生徒の安全の確保に努めてきたところですが、今後も国内での発生状況等動向を見極め、適切に取り組んで参ります。
【参考】
今までに実施してきた主な事項は、以下のとおり
○ 学校関係者への、鳥インフルエンザに関する情報提供の実施による注意喚起
○ 学校飼育動物の健康状態の観察、飼育施設内の衛生管理の徹底、飼育動物に触れた後の手洗い・うがいの励行など、学校飼育動物の扱いに関する日常的な指導の実施
○ 都内公立・都立学校における飼育状況の調査
(平成16年2月現在の都内の飼育状況については下記資料参照
 

都立学校あて通知(PDF形式)

区市町村教育委員会あて通知(PDF形式)

pdf形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerをインストールする必要があります。
お持ちでない方は下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)
Adobe Acrobat Readerは、
ここからダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader
 
資料

鶏等の鳥類(インコや小鳥等は含めない)を飼育している学校数

平成16年2月調査

区市町村立 都立 総数
幼稚園 小学校 中学校 その他※ 盲・ろう
・養護
高校・高専
学校数(全数) 234園 1347校 652校 8校 57校 210校 2508校
鳥類を飼育している学校数
( )は、全数に対する割合
41園
(17.5%)
770校
(57.2%)
10校
(1.5%)
2校
(25.0%)
5校
(8.8%)
10校
(4.8%)
838校
(33.4%)
内訳
(再掲・
重複化)
鶏(チャボ、ウコッケイ等含む) 24園 710校 8校 2校 5校 9校 758校
アヒル 17園 68校 1校 1校 - 2校 89校
うずら 4園 17校 1校 - - - 22校
七面鳥 - - - - - - -
その他 クジャク 6園 15校 - - - 1校 22校
マガモ 1園 23校 - - - - 24校
ハト 2園 19校 - - - 1校 22校
その他 3園 13校 - - - 3校 19校
※ その他:分校、区市町村立養護学校等
○ 鳥類の飼育の多い小学校について、飼育学校の割合を地域別にみると、区部49.3%、多摩72.9%、
  島しょ45.8%である。

<問合せ先>
教育庁都立学校教育部高等学校教育課
電話 03-5320-6749
矢印トップページへ 矢印このページのトップへ
東京都教育庁総務部教育情報課 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 電話 03-5320-6733 FAX 03-5388-1726
(C)Copyright 2004 Tokyo Metropolitan Government Board of Education. All rights reserved.