エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年5月1日更新

安全教育プログラム


 東京都教育委員会は、全ての子供たちに、危険を予測し回避する能力や他者や社会の安全に貢献できる資質・能力を身に付けさせる安全教育を推進するため、平成21年度から総合的な指導資料である「安全教育プログラム」を作成し、都内公立学校の全ての教員に配布しています。
 このたび、「安全教育プログラム 第9集(平成29年3月)」を作成しましたので、お知らせします。

1 主な特長

(1)「必ず指導する基本的事項」の明確化

 子供の発達の段階に応じて具体的にどのような内容を指導するのかを明確にするため、子供たちが身に付ける「必ず指導する基本的事項」を示しました。

(2)総合的な年間指導計画

 安全教育の3領域(「生活安全」「交通安全」「災害安全」)を系統的・計画的に進めるため、3領域を総合的に扱った年間指導計画を学校種ごとに示しました。

(3)効果的な指導方法

 「必ず指導する基本的事項」を、年間を通して意図的・計画的に指導するため、「安全学習」(教科等における安全学習)、「安全指導」(日常的・定期的な安全指導)を行う場・時間、内容と方法、計画・実施におけるポイントを示しました。

2 「安全教育プログラム」を活用した研修の内容例

別紙 「安全教育プログラム」を活用した校内研修の実施について(PDF形式:295KB) 参照

3 安全教育プログラム


<問合せ先>
指導部指導企画課安全教育担当
電話 03-5320-6836
ファクシミリ 03-5388-1733
メール S9000020(at)section.metro.tokyo.jp
お手数ですが、(at)を@に変えてご利用ください。