エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年3月28日更新

訂正等東京都で行う鑑定(現物確認審査)の手続


 銃砲刀剣類の原状を把握するために鑑定することを「現物確認審査」と言います。現物確認審査は次のような場合に実施されます。全ての手続は、事前に関係書類を提出し、東京都の承認を得ていないと審査を受けられません。

1 鑑定を実施する具体例

(1) 東京都登録のもの

(2) 道府県登録のもの

 東京都にお住まいで所持している道府県登録の銃砲刀剣類が登録証と一致しない、登録証に誤字・脱字がある、再交付を受けたい場合などの申請を道府県が処理するためには現物確認を必要とします。このような場合、所有者の利便から登録県は東京都へ現物確認審査(鑑定)依頼し現物確認が行われます。
 都の審査会前に登録元の道府県から依頼状が届いていないと、審査を受けることはできません。

2 鑑定(現物確認審査)の手続方法

(1) 東京都登録の銃砲刀剣類の鑑定を受ける場合

(2) 他県で登録された銃砲刀剣類の鑑定を東京都で受ける場合

3 提出書類

(1) 東京都登録の銃砲刀剣類の鑑定を受ける場合

(2) 他県で登録された銃砲刀剣類の鑑定を東京都で受ける場合

4 審査結果の取扱い

(1) 東京都登録のもの

(2) 道府県から依頼を受け審査したもの


<問合せ先・各届出郵送先>
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎40階北側
教育庁地域教育支援部管理課 文化財保護担当 刀剣担当
電話 03-5320-6862
FAX 03-5388-1734