エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成27年6月8日更新

登録証の再交付の手続について

1 再交付とは

 再交付申請できるのは、東京都に登録された銃砲刀剣類であることが前提です。登録が不明なもの・確認できないものは再交付の対象とはなりません。また、登録の事実確認ができたら、審査準備をするため、事前に再交付申請書一式を提出しておく必要があります。
 審査の結果、一致しなかったものは、全国照会の後、住所地の都道府県教育委員会で新規登録により処理されます。

<手続の流れ>
手続の流れ、警察署へ①亡失又は盗難の届、②亡失又は盗難届の受理、東京都教育委員会へ③事前申請、④現物確認審査、一致したとき⑤登録証再交付、不一致のとき⑥新規登録

<ことばの意味>

 再交付とは、法第15条第2項で「登録証を亡失し、若しくは盗み取られ、又は登録証が滅失した場合においては、・・・」とあり、このような場合「速やかにその旨を当該登録の事務を行った都道府県の教育委員会に届け出てその再交付を受けなければならない。」としていますが、それぞれの意味は以下のとおりです。

亡失・・・
登録証を失い亡くすこと、紛失のことをいう。
盗難・・・
登録証だけを盗まれた場合をいう。銃砲刀剣類も合せて盗まれた時は、再交付の対象にはなりません。
滅失・・・
登録証の文字が薄くて読めない、破損してしまった、汚れて読めなくなったなどの場合をいい、用をなさない登録証が残っている状態をいう。

2 手続の流れ

3 登録原票と一致しないとき


<問合せ先・各届出郵送先>
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎40階北側
教育庁地域教育支援部管理課 文化財保護担当 刀剣担当
電話 03-5320-6862
FAX 03-5388-1734