エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

教育庁報 No.564
平成22年6月7日発行

教育庁人材バンクモデル事業の実施について
~学校での児童、生徒の教育活動をサポートするための人材バンク登録者を募集します~


 東京都教育委員会は、「10年後の東京」への実行プログラム2010に示したとおり、多様な外部人材の教育活動への積極的な活用を促進するため、教育庁人材バンクモデル事業を実施します。それに伴い、大学生・大学院生、民間企業経営者及び従事者、スポーツ指導者、退職教職員を始め、優れた知識や経験を持つ方々の人材バンクへの登録を平成22年6月1日から募集しています。

1 教育庁人材バンクモデル事業の目的

 学校において、質・量ともに外部人材(スポーツ等の専門人材や民間企業、地域の人材など、学校の教職員以外の人材)の活用が必要な分野が拡大していますが、学校のみで必要な数の人材を確保することは困難な状況にあります。
 このため、東京都教育委員会が人材バンク事業を実施することにより、多種・多様な外部人材を広域的に確保し、学校のニーズに対応した人材を紹介することで、学校の負担を軽減し、より高い教育効果の実現を目指していきます。
 平成22年度はモデル事業を行い、本格実施に必要な事項の検証を行います。

2 募集分野・地域

3 登録条件

 次のすべての条件を満たす方

4 登録申込方法

 指定の申込書に必要事項を記載の上、持参、郵送又は電子メールにて御提出ください。
 (申込書はこちらのホームページからダウンロードできます。)

5 待遇

6 平成22年度スケジュール(予定)

 詳しい募集の内容、申込書の様式及び提出先等につきましては、以下の東京都教育委員会ホームページに掲載しています。