エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年11月15日

平成29年度第1回東京都教育モニターアンケート集計結果
「都立中央図書館の今後の運営について」


 このたび、平成29年度第1回東京都教育モニターアンケート「都立中央図書館の今後の運営について」の集計結果がまとまりましたので、お知らせします。
 本アンケートは、都民の皆様の公立図書館へのニーズや情報へのアクセス方法が大きく変化してきている中、今後都立中央図書館がどのようなサービスを展開していったらよいか、教育モニターの皆様の御意見を頂戴し、参考とさせていただくために実施しました。

アンケートの実施時期 平成29年9月

回答者数  99名中87名

回答率   88%

回答者属性

回答者性別 人数
男性 35人 40.2%
女性 52人 59.8%

年齢層 人数
10代~20代 4人 4.6%
30代~40代 37人 42.5%
50代~60代 38人 43.7%
70代以上 8人 9.2%

回答者住所 人数
23区 68人 78.2%
多摩地区 19人 21.8%


問1 図書館を、どのくらいの頻度で利用されていますか。
1. 週に1回以上利用する 29人 33.3%
2. 月に1回以上利用する 40人 46.0%
3. 年に1回以上利用する 7人 8.0%
4. ほとんど利用しない 6人 6.9%
5. 利用したことがない 5人 5.8%
問1結果グラフ
問2 都立図書館を御存じでしたか。
1. 都立中央図書館と都立多摩図書館の2館があることを知っていた 32人 36.8%
2. 都立中央図書館のみ知っていた 34人 39.1%
3. 都立多摩図書館のみ知っていた 2人 2.3%
4. 都立図書館があることを知らなかった 19人 21.8%
問2結果グラフ
問3 都立図書館は、区市町村立図書館と異なる役割・機能を有していることを御存じでしたか。
問4 都立中央図書館と都立多摩図書館が機能分担を行い、それぞれの特色が異なることを御存じでしたか。
問5 都立中央図書館の来館利用についてお尋ねします。都立中央図書館に来館して利用されたことがありますか。
1. 2年以内に利用したことがある 13人 14.9%
2. 2年より前に利用したことがある 24人 27.6%
3. 利用したことがない 50人 57.5%
問5結果グラフ
問6 問5で1を選択された方にお尋ねします。御利用の目的は何ですか【複数選択可】。
「5その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 所蔵資料(図書、雑誌、新聞)やオンラインデータベースの利用 11人
2. 講演会、図書館ツアー等のイベントへの参加 0人
3. 企画展示(特定テーマで所蔵資料を紹介)の見学 2人
4. 閲覧席の利用 4人
5. その他 1人

(「5その他」の回答内容)

問6結果グラフ
問7 問5で2を選択された方にお尋ねします。2年以上利用されなかったのはどのような理由からですか【複数選択可】。「7その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 進学・就職等で生活スタイルに変化があったから 6人
2. 居住地や勤務地、学校から遠くなったから 7人
3. 地元の図書館や学校の図書館を利用するようになったから 11人
4. 国立国会図書館を利用するようになったから 1人
5. インターネット等を通じて情報収集するようになったから 2人
6. 図書館を利用したいと思わない、利用する必要がないから 1人
7. その他 3人

(「7その他」の回答内容)

問7結果グラフ
問8 問5で3を選択された方にお尋ねします。利用されなかったのはどのような理由からですか。「7その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 都立中央図書館を知らなかったから 12人
2. 居住地や勤務地から遠いから 14人
3. 地元の図書館や学校の図書館を利用しているから 21人
4. 国立国会図書館を利用しているから 1人
5. インターネット等を通じて情報収集しているから 1人
6. 図書館を利用したいと思わない、利用する必要がないから 0人
7. その他 1人

(「7その他」の回答内容)

問8結果グラフ
問9 インターネット等を使って都立中央図書館へ来館せずに受けられる非来館型サービス(例:蔵書検索、郵送複写サービス等)を利用されたことがありますか。
問10 問9で1を選択された方にお尋ねします。都立中央図書館の以下のどのサービスを利用されたことがありますか【複数選択可】。「6その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 電話やEメールによるレファレンスサービス(※1) 2人
2. 電話やEメールによる郵送複写サービス(※2) 2人
3. 電話やインターネットによる資料の取り置き予約 0人
4. 図書館ホームページで提供している情報(利用案内、蔵書検索、調べ方案内等) 2人
5. 図書館ホームページで提供しているデジタルアーカイブ(江戸・東京の資料等)(※3) 0人
6. その他 0人
問10結果グラフ
  • ※1レファレンスサービスとは
    調べたいことや探している資料などのご質問について、必要な資料・情報を御案内するサービスです。

  • ※2郵送複写サービスとは
    メールや電話でお申込みいただいた資料のコピーを郵送するサービスです。

  • ※3デジタルアーカイブとは
    デジタル化した所蔵資料等の画像を、インターネット等を通じて広く御覧いただけるようにすることです。都立中央図書館では、江戸・東京に関する資料をデジタル化し、公開しています。
問11 問9で2を選択された方にお尋ねします。利用されなかったのはどのような理由からですか。「6その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 都立中央図書館で非来館型のサービスを行っていることを知らなかったから 42人 51.2%
2. 地元の図書館や学校の図書館の類似のサービスを利用しているから 20人 24.4%
3. 国立国会図書館の類似のサービスを利用しているから 1人 1.2%
4. 来館による利用で充足しているから 7人 8.5%
5. サービスを利用したいと思わない、利用する必要がないから 10人 12.2%
6. その他 2人 2.5%

(「6その他」の回答内容)

問11結果グラフ
問12 非来館型サービスについて、今後、どのようなサービスや機能の充実を望みますか。「5その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. SNSを利用して気軽に質問し、回答を受けられる 9人 10.3%
2. SNSでイベント情報、資料紹介などの情報が見られる 9人 10.3%
3. 都立中央図書館が所蔵している貴重資料などのデジタル画像を、インターネットを利用して自宅等から見られる 52人 59.8%
4. インターネットを利用して電子書籍を楽しめる 17人 19.6%
5. その他 0人 0.0%
問12結果グラフ
問13 都立中央図書館では、「東京」に関するあらゆる分野の資料を重点的に収集し、「都市」に関する資料と併せて提供しています。この「都市・東京情報」サービスを充実させるため、何が重要であると思いますか【複数選択可】。「9その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 東京や都内区市町村に関する資料の充実 45人
2. 海外や国内の主要都市に関する資料の充実 21人
3. 調査を支援する職員のスキルアップ 15人
4. 東京に関連した講座、講演会などイベントの開催 37人
5. 所蔵資料を紹介する企画展示の実施 33人
6. ホームページやSNSでの情報発信 27人
7. 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた取組 17人
8. 東京関係の資料を所蔵している機関との連携 26人
9. その他 8人

(「9その他」の主な回答内容)

問13結果グラフ
問14 都立中央図書館は、(上記の)都市・東京情報のほか、現在は、ビジネス情報、健康・医療情報、法律情報の三分野の資料を重点的に収集・提供しています。今後は、どのような分野に重点をおいてサービスをしたらよいと思いますか【2つまで選択可】。「6その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. ビジネス 10人
2. 健康・医療 42人
3. 法律 5人
4. 環境 25人
5. 防災 42人
6. その他 9人
7. 特定の分野に重点をおく必要はない 11人

(「6その他」の主な回答内容)

問14結果グラフ
問15 問14で選択した分野について、都立中央図書館で重点的にサービスを展開するとした場合、それらを充実させるため、何が重要であると思いますか【複数選択可】。「7その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 資料やオンラインデータベースの充実 52人
2. 調査を支援する職員のスキルアップ 27人
3. テーマ別調べ方案内(例:企業情報の調べ方、判例の調べ方等)の充実 31人
4. 他機関と連携した相談会等の実施 22人
5. 講演会やセミナーの実施 31人
6. 資料配置の工夫やコーナーづくり 22人
7. その他 4人

(「7その他」の主な回答内容)

問15結果グラフ
問16 都立中央図書館では、国内の公立図書館としては最大級である約25万点の外国語資料を所蔵しています。今後、これらの外国語資料を一層活用し、新たな都立図書館の展開を図るために、何が重要であると思いますか【複数回答可】。「10その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 外国語資料の充実 16人
2. 外国語資料を一か所にまとめた配置 13人
3. 所蔵資料についての広報 45人
4. 職員の語学力及び利用対応スキルの向上 24人
5. 外国資料と関連したイベントの開催 33人
6. 図書館資料を活用した語学教室の実施 18人
7. 世界へ向けた情報発信 18人
8. 外国人との交流の場の設定 24人
9. 外国語や外国人向けのサービスなどを行う機関との連携 21人
10. その他 2人

(「10その他」の主な回答内容)

問16結果グラフ
問17 都立中央図書館の施設・設備についてお尋ねします。今後、どのようなことを整備したらよいと思いますか【複数選択可】。「6その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 用途に応じて選べる多様な閲覧席の整備(1人用席の充実、個室の新設など) 51人
2. 読書や調査研究に適した居心地のよい空間整備(音、光など) 44人
3. パソコン用電源などIT機器利用環境の整備 45人
4. グループごとに仕切られ、議論しながら使えるスペースの整備 21人
5. 子供を連れて利用できるような設備(親子トイレなど)の充実 20人
6. その他 10人

(「6その他」の主な回答内容)

問17結果グラフ
問18 将来的に、都立中央図書館が改修又は改築を行って図書館以外の施設と併設することになったと仮定します。都立中央図書館はどのような施設と併設したらよいと思いますか。「11その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 美術館 8人
2. 博物館 16人
3. 文化ホール 15人
4. スポーツ施設 4人
5. 学校 4人
6. 保育園・幼稚園 4人
7. 高齢者施設 3人
8. 書店 7人
9. 商業施設(ショッピングセンター、飲食店等) 4人
10. 他の施設を併設する必要はない(図書館機能を充実すればよい) 15人
11. その他 7人

(「11その他」の主な回答内容)

問18結果グラフ
問19 今後、都立中央図書館が充実・強化した方がよいと思う機能・サービスは何だと思いますか【2つまで選択可】。「9その他」を選択された場合には、その内容を御記入ください。
1. 図書、雑誌、新聞など所蔵資料の充実 24人
2. オンラインデータベースや電子書籍など、電子媒体の情報の充実 34人
3. 図書館資料を知る機会となるイベント、企画展示の開催 20人
4. 図書館の利用者同士、イベント参加者同士が交流する機会の提供 5人
5. 図書館内で快適に過ごすための施設・空間の整備 15人
6. 都立中央図書館へ行かなくても受けられるサービス(非来館型サービス) 30人
7. 都内区市町村立図書館への支援(資料貸出、職員研修等) 13人
8. 都内の学校への支援(調べ学習支援、学校図書館運営支援など) 10人
9. その他 3人

(「9その他」の主な回答内容)

問19結果グラフ
問20 これからの都立中央図書館にどのような取組を望みますか。御意見・御要望を自由に御記入ください。【自由記述】

(主な回答内容)


<問合せ先>
教育庁総務部教育情報課
電話 03-5320-6733
ファクシミリ 03-5388-1725
メール S9000004(at)section.metro.tokyo.jp
お手数ですが、(at)を@に変えてご利用ください。