エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年2月7日

平成28年度第1回東京都教育モニターアンケート集計結果
「オリンピック・パラリンピック教育の推進について」


 このたび、平成28年度第1回東京都教育モニターアンケート「オリンピック・パラリンピック教育の推進について」の集計結果がまとまりましたので、お知らせいたします。
 東京都教育委員会では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を、貴重な機会と捉え、子供たちに東京2020大会、さらにその先に活躍するために必要な力を身に付けさせるため、平成28年度から全ての公立学校で、オリンピック・パラリンピック教育に取り組んでいます。
 オリンピック・パラリンピック教育の推進について御意見を頂戴し、参考とさせていただくために実施しました。

1 アンケートの実施時期 平成28年9月

2 回答者数  100名中81名

3 回答率   81.0%

4 回答者属性

 全体81名 100%

性別 人数
40人 49.4%
41人 50.6%

年齢層 人数
10代~20代 3人 3.7%
30代~40代 40人 49.4%
50代以上 38人 46.9%


1 2020年に東京で、第32回オリンピック競技大会・東京2020パラリンピック競技大会(東京2020大会)が開催されます。あなたの考えに最も近いものを1つ選んでください。
2 今年度から、都内のすべての公立学校において、オリンピック・パラリンピック教育※を推進していることを知っていましたか。
3 東京都教育委員会では、オリンピック・パラリンピック教育を推進し、児童・生徒に対して特に次の5つの資質を重点的に育成することとしています。この中で、最も重要と考えるものを2つ選んでください。
社会に貢献する意欲や、思いやりの心などのボランティアマインド 46人
積極的なコミュニケーションの意欲と、世界の多様性を受け入れる豊かな国際感覚 38人
多様性を尊重する、心のバリアフリーである障害者理解 37人
フェアプレーやチームワークの精神と、体力・健康づくりに取り組むスポーツ志向 21人
日本や東京の良さを十分理解した、日本人としての自覚と誇り 18人
その他 2人

3結果グラフ


4 重点的に育成する5つの資質を児童・生徒に身に付けさせるために、学校においてどのような内容の学習・取組を行うことが望ましいと思いますか。次の(1)~(5)の設問にお答えください。


5 学校だけでなく家庭や地域と連携してオリンピック・パラリンピック教育を推進するためには、どのような取組が効果的であると思いますか、最も重要と考えるものを2つ選んでください。
地域ボランティアやスポーツ大会等の地域行事に積極的に関与する 53人
学校での学習活動に、地域住民・保護者も参加できるようにする 43人
学校の体育施設の開放・利用を促進し、スポーツ振興に活用する 31人
教材を広く配布し、家庭学習や地域での学習を推進する 18人
学校と地域の公民館・図書館等の公共施設が連携して、企画展・展示会等を実施する 12人
その他  5人

5結果グラフ

6 オリンピック・パラリンピック教育のレガシー(遺産)として、どのようなことを期待しますか。
オリンピック・パラリンピックの感動が、子供たちの心と体に掛け替えのないものとして残り、人生の糧となること 33人
学校における多様性への理解、国際交流、伝統・文化の理解、ボランティア等の取組を、大会後も長く続く教育活動として発展させていくこと 32人
ボランティアマインドの醸成や障害者理解の取組を家庭や地域へと波及させ、共生・共助社会の形成につなげていくこと 29人
スポーツ志向、健康への関心が高まり、体力向上や健康増進につながること 13人
その他  3人

5結果グラフ


7 オリンピック・パラリンピック教育の推進に関して御意見等がございましたら、自由に御記入ください。
御意見等の例

<問合せ先>
教育庁総務部教育情報課
電話 03-5320-6733
ファクシミリ 03-5388-1725
メール S9000004(at)section.metro.tokyo.jp
お手数ですが、(at)を@に変えてご利用ください。