東京都教育委員会

 
トップページ サイトマップ 窓口ご案内 ご意見・ご要望
トップページ>東京都教育の日
東京都教育の日
◇ 毎年11月第1土曜日は「東京都教育の日」
◇ 平成25年は11月2日 土曜日です。

平成25年度「東京都教育の日」のテーマ

「地域の教育力の推進〜地域で子供を育てる〜」

 少子化や核家族化等、家庭教育を取り巻く環境は大きく変化しています。また、子供たちの規範意識が低下しており、様々な人々との交流を通じて社会性を身に付けていくことが社会的な課題となっています。
 こうした状況の中、子供たちが、先行き不透明な社会をたくましく生き抜くためには、より一層地域の教育力を活用し、社会全体で子供を育んでいく必要があります。
 そこで、今年度は、「地域の教育力の推進」をテーマとし、記念行事においては、地域で活動している各種団体の取組をクローズアップし、教育関係者や広く都民に活動の現状や成果を周知するとともに、より一層、地域が子供たちを育成する取組を推進する契機とします。

 ○平成25年度の主な事業


下の画面をクリックすると、「東京都教育の日」記念行事のちらし(PDFファイル:1.65MB)を御覧いただけます。
 「東京都教育の日」記念行事 開催

 ○平成25年度「東京都教育の日」の申込方法

申し込み方法:参加者全員の氏名、住所、電話番号、学校名(児童・生徒のみ)を御記入の上、電子メール (10月26日必着)又は往復葉書(10月23日消印有効)でお申し込みください。
◎申込先 〒163-8001 東京都教育庁地域教育支援部管理課
電子メールアドレス S9000026(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変更して送信してください。
都立学校の取組 区部の都立高校の取組(PDF形式:215KB)
多摩地区の都立高校の取組(PDF形式:152KB)
島しょの都立高校の取組(PDF形式:105KB)
都立特別支援学校の取組(PDF形式:252KB)
都立中学校・中等教育学校の取組(PDF形式:131KB)
私立学校(幼稚園及び小・中・高等学校)の取組(PDF形式:205KB)
国立大学附属学校の取組(PDF形式:51KB)
東京都の取組(PDF形式:242KB)
区市町村教育委員会の取組(PDF形式:72KB)

 ※事業の詳細については、各問合せ先にお問い合わせください。

  「平成25年度学校活動支援団体等に対する感謝状贈呈団体等一覧」

東京都教育の日の趣旨や制定の経緯

東京都教育の日

 都民の皆さんの教育への関心を高め、次代を担う子供たちの教育に関する取組を都民全体で推進し、都における教育の充実と発展を図るために、制定しました。東京都教育の日を中心にして、学校・家庭・地域等が協働した取組が行われることが期待されます。
 

毎年11月の第1土曜日

 11月1日から7日までは、国が定める教育文化週間で、東京都においても教育にかかわる行事が多く行われています。それらの行事に多くの都民の方が参加していただけるよう第1土曜日としました。

考えられる取組

◇ 学校では、保護者や地域の方を学校に招き、子供たちの教育についてともに考える取組などが考えられます。

例:「授業公開」「道徳授業地区公開講座」など
◇ 東京都や区市町村、地域では親子がふれあう取組や子供たちの体験的な活動を促す取組など教育の日のふさわしい取組が考えられます。

例:「とうきょう親子ふれあいキャンペーン」「未来を拓く体験発表会」など


これまでの取組について

平成24年度の取組結果

平成24年度「東京都教育の日」のテーマ

「校庭芝生化の推進」

 これまで「東京都教育の日」では普及・啓発を図るため、その年ごとにテーマを設定し、テーマに基づいた事業等に取り組んできました。
 「校庭芝生化」は、「2020年の東京」への実行プログラム2012で、環境負荷の少ない都市の実現、自然豊かな東京を次世代へ継承する施策の一つとして取り組まれていますが、今年度は事業が、環境局から教育庁へ移管され、教育施策としても、子供たちの知・徳・体を鍛え、時代を担う人材を育成する、地域との連携関係を構築する点でも重要な事業と位置付けられています。
 全公立小・中学校の校庭芝生化を目標にし、子供たちが教室から校庭へとび出し、豊かに活動できる環境づくりを推進していきたいと考えています。

 ○平成24年度の主な事業

平成24年11月3日(土)午前10時〜午後2時(新宿区立四谷第六小学校)

・基調対談「芝生のチカラ」

・特別講演「校庭の芝生化が子供の“こころ”や“からだ”に与える効果」

・芝生でスポーツ教室

・芝生で縁日





 平成23年度の取組結果

平成23年度「東京都教育の日」のテーマ

「災害時の学校・家庭・地域の役割と連携」

 これまで「東京都教育の日」では普及・啓発を図るため、その年ごとにテーマを設定し、テーマに基づいた事業等に取り組んできました。
 この度の東日本大震災は、災害時の学校施設が重要な役割を果たすことを再認識する機会となりました。しかしながら、従来の防災マニュアルでは対応しきれない事例やマニュアルの内容自体を見直す必要がある事例も数多く生じました。今回の経験を教訓とし、災害時における学校、家庭、地域が連携体制を再構築するとともに従来以上の必要となる取組を考えることが求められています。
 そこで、今年度の「東京都教育の日」のテーマは「災害時の学校・家庭・地域の役割と相互連携」とし、「東京都教育の日」の趣旨を活かした取組の実施を推進します。
 また、東日本大震災の発生に伴い、電力不足が懸念されている中、学校や家庭で震災復興の主要な課題である省エネルギーの推進について考える機会を設け、エネルギー節減意識の浸透を目指します。

 ○平成23年度の主な事業

シンポジウム「災害から子供を守る」

平成23年11月5日(土曜日) 午後1時〜3時(都庁第一本庁舎5階大会議場)

・基本講演「災害から子供を守るということ 〜報道だけでは伝わらない被災地の現実〜」

・パネルディスカッション「首都直下型地震発生時に、学校で何ができるか」


pdf形式のファイルを御覧いただくには、Adobe Readerをインストールする必要があります。
 お持ちでない方は下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)
Adobe Readerは、
ここからダウンロードできます。
adobe readerのダウンロードはこちらから




 平成22年度の取組結果

平成22年度「東京都教育の日」のテーマ

「運動習慣の確立」

 これまで「東京都教育の日」では、その年ごとにテーマを設定し、事業等に取り組んできました。
 昨年度は「子供の体力向上」をテーマとしましたが、体力向上には継続的な取組が必要です。また、体力を向上させるには、運動部に加入し部活動に打ち込むだけでなく、休み時間に外遊びをしたり、休日に散歩するなど、日常の様々な場面で体を動かす習慣を身に付けることが重要です。
 そこで、東京都教育委員会では、昨年度の「子供の体力向上」に引き続き、今年度は「運動習慣の確立」をテーマとし、「東京都教育の日」の趣旨を活かした取組を実施します。

 ○平成22年度の主な事業

講演会「体力向上に不可欠な運動習慣」

平成22年11月6日(土曜日)
9時00分〜10時00分(都庁第二本庁舎1階 二庁ホール)
  • トップアスリートが運動習慣の必要性と継続の秘訣などをトークショー形式で講演

記録会「チャレンジ体力測定!2010」

平成22年11月6日(土曜日)
11時00分〜14時00分(区立新宿中央公園)
  • 体力テスト5種目を測定
  • 全国平均や30年前の記録と比較できるパネルを展示
写真(記録会「チャレンジ体力測定!2010」)

 東京都教育の日のシンボルマーク・標語・ポスター(過去の受賞作品)

 これまでの経緯

◇ 平成12年8月
「心の東京革命行動プラン」において「教育の日」の設定を明記しました。
◇ 平成14年 9月
第三回都議会定例会において「教育の日」の設定に関する請願が趣旨採択されました。
◇ 平成15年11月
「東京の教育を考える都民のつどい」を開催しました。その中で参加者代表から「東京都教育の日」が提唱され、参加者の賛同を得ました。

「東京都教育の日」の提唱

○ 私たちは、毎年11月の第一土曜日を「東京都教育の日」とすることを提唱します。

○ 私たちは、この「東京都教育の日」を契機として、一人一人が教育に対する関心を高め、こぞって東京の教育について見つめ直し、次代を担う子供たちの教育について共に考えていきます。

○ 私たちは、この「東京都教育の日」の趣旨に合った取組を、今後とも主体的・継続的に実施し、これらの取組に賛同する人々の輪を広げていきます。

写真(深沢高校和太鼓部によるオープニングセレモニー) 写真(東京の教育を考える都民のつどいパネルディスカッション)
深沢高校和太鼓部によるオープニングセレモニー パネルディスカッション

 ◇ 平成16年2月 東京都教育委員会で「東京都教育の日」を決定し、知事と教育委員会の連名で東京都公報に公告しました。


東京都教育庁総務部教育情報課 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 電話 03-5320-6733 FAX 03-5388-1726
(C)Copyright 2004 Tokyo Metropolitan Government Board of Education. All rights reserved.