エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成29年10月6日

主権者教育の充実について


 東京都教育委員会では、主権者教育の一層の充実を図るため、民主主義学習用リーフレット「民主主義って何だろう?」及び選挙啓発カードを作成し、活用を図っています。


民主主義学習用リーフレット表紙のイラスト

選挙啓発カードの画像。
表の面の記載内容は次のとおり。
投票するまでの流れをみてみよう。
投票日前、投票所入場整理券が届く。投票日当日、1、受付に投票所入場整理券を提出する。2、確認を受けた後、投票用紙を受け取る。3、投票記載台で、候補者名などを記載する。4、投票箱に入れる。期日前投票について。投票日当日に用事がある場合、公示日・告示日の翌日から投票日の前日まで投票することができる。自分の住んでいる区市町村の期日前投票所で投票をする。
裏面の記載内容は次のとおり。
選挙期間中、やってはいけないこと。
公示日・告示日から投票日前日までを、選挙期間(選挙運動ができる期間)といいます。
主な禁止事項。
満18歳未満の生徒が、満18歳以上の生徒に対して、支持する特定の政党や候補者への投票を依頼すること。
満18歳未満の生徒がSNSを利用して選挙運動をすること。
満18歳以上の生徒が、満18歳未満の生徒に対して、選挙運動を依頼すること。
年齢を問わず、当選させる目的等で金品・飲食物などを提供すること。
年齢を問わず、電子メールを利用して選挙運動をすること。(政党や候補者から自分い送られた投票依頼メールを転送することもできません。)

上が表面 下が裏面


<問合せ先>
教育庁指導部高等学校教育指導課主権者教育担当
電話 03-5320-6845
ファクシミリ 03-5388-1733
メール S9000023(at)section.metro.tokyo.jp
お手数ですが、(at)を@に変えてご利用ください。