エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成23年3月

日本語指導ハンドブック


 東京では、日本語指導が必要な外国人児童・生徒が毎年増える傾向にあります。
 そこで、日本語指導が必要な外国人児童・生徒が、日本の生活に適応し、充実した学校生活を送ることができるよう、日本語指導研究開発モデル地域(新宿区及び八王子市)の研究成果を「日本語指導ハンドブック その1・その2」にまとめました。
 「その1」は初級者を、「その2」は中級者を対象としています。習得しにくい項目については「その1」で学習した後、「その2」で繰り返し練習することができるようになっています。
 各学校における日本語指導の一層の充実のために御活用ください。


目次




日本語指導ハンドブックその1(初級者対象)

表紙・はじめに・目次・教材集使い方の手引

日本語初期指導30時間

補助資料

奥付


このページのトップに戻る


日本語指導ハンドブックその2(中級者対象)

表紙・はじめに・目次・教材集使い方の手引

日本語初期指導(応用編)32時間

補助資料

奥付



<問合せ先>
教育庁指導部指導企画課教育経営・教育課程担当
電話 03-5320-6869
ファクシミリ 03-5388-1733
メール S9000020(at)section.metro.tokyo.jp
お手数ですが、(at)を@に変えてご利用ください。