くらしと環境 学習web 中高生向け学習のページ

地球規模の環境問題(1) 地球温暖化

地球温暖化防止対策

1. 企業や組織における対策


   企業は,低炭素化社会を作るための実際の現場であると考える事ができます。そのため,生産する製品やサービスについて低炭素化を図ることが求められています。現在日本の省エネ技術は世界でもトップクラスであると言われています。現状の技術やさらに高い技術で国内はもとより世界に貢献することが望まれています。
   また,商品やサービスについての環境対策だけでなく自らの組織活動における省エネ・省資源を推進したり,間伐や植林など環境に関しての社会貢献活動(CSR)を行う企業も増えてきました。
   企業に留まらず,あらゆる組織の活動が環境に配慮したものになっていく必要があります。そのために,私たちは自分の所属する組織(学校とか地域とか)が及ぼしている環境への影響を削減することを考えていかなければなりません。


Q ライフサイクルアセスメント(LCA)とは,何について,どのようなことを示そうとしたものでしょうか。
    カーボンフットプリントマーク(下図)はどのようなことを示したマークでしょうか。
Q ISO14000シリーズとは,何を行うためにいつ作られたものか調べてみましょう。
Q あなたの所属する組織(会社とか学校や地域の団体など)が及ぼす環境への影響は何ですか?
    考えてみましょう。


カーボンフットプリントマーク

カーボンフットプリントマーク

〈提供〉経済産産業省HPから


2. 環境教育


   学校等で行う環境教育も未来を担う若者の環境意識を高める重要な温暖化防止対策の一つと考えることができます。学校全体を環境にやさしい施設にするために屋上緑化,壁面緑化,校庭の芝生化などを行っている実践や,電気やガスなどのエネルギーの使用量を削減しようとしている実践もあります。

都内小学校の壁面緑化の様子

都内小学校の壁面緑化の様子

都内小学校の校庭緑化の様子

都内小学校の校庭緑化の様子

都内小学校のビオトープの様子

都内小学校のビオトープの様子


都立つばさ総合高校の実践例
   2004年度よりISO14001による環境保全活動を始めたつばさ総合高校は,環境目的として「環境教育の実施」と「学校の環境への影響の削減」を目指して活動を行っています。
   環境教育の一環として毎年行っている「高校生環境サミット in Tokyo」では講演や,企業や大学,NPOや法人などによるパネル展示・発表などが行われています。

デンマーク大使館参事官の講演

デンマーク大使館参事官の講演

会場の様子

会場の様子

企業の発表を見学する高校生

企業の発表を見学する高校生

   また環境への影響を少なくする活動としては,委員会を中心として毎月1回の環境の日での呼びかけや,ゴミ分別活動などにより,電気使用量で18%削減,ゴミの排出量で75%の削減を達成しています。


2002年度から2010年度までの
電気使用量の推移

2002年度より2010年度までの電気使用量の推移

〈提供〉都立つばさ総合高等学校

2003年度から2010年度までの
燃えるゴミの排出量の推移

2003年度より2010年度までの燃えるゴミの排出量の推移

〈提供〉都立つばさ総合高等学校


校内に設置された資源・ゴミステーション

校内に設置された資源・ゴミステーション

委員会生徒によるゴミの再分別の様子

委員会生徒によるゴミの再分別の様子


   二酸化炭素の排出量を計算すると、2003年度に比較して2010年度では約24.3%削減しているとの結果が出ています。(下のグラフは電気使用量、ガス使用量、上水の使用量により計算しています。)

グラフ

〈提供〉都立つばさ総合高等学校


3. 家庭や個人が行う環境対策


   私たち個人や家庭においては,国や東京都の施策の目的を理解し,企業や組織の製品やサービスがどのように作られたり行われたりしているかを理解しなくてはなりません。そして,市民として,また消費者としての責任を果たし生活することが求められています。
   その上で,衣食住などの具体的な生活の場面で環境対策を考え実行していくことが大切です。
   例えば空調などにたよらず「クールビズ,ウォームビズ」を考え自分の着るもので温度調節をする事や,「ご飯を残さず食べること。」,「なるべく家族が一度に食事すること。」なども環境対策と考えることができます。ヨーロッパの環境対策の中には「みんなで歌を歌うこと」というものもあります。皆が同じ部屋に集まる事により電気使用量や冷暖房のエネルギーが削減できるとの理由です。
   このように,それぞれの家庭で話し合い,工夫することや各人が考えて行動することが重要な環境対策につながっていきます。家庭オリジナルの環境対策を考える事も楽しいことです。


Q 「CO2削減 アクション月間」,「キッズISO」などはどのようなことを行っているか調べてみましょう。

CO2削減 アクション月間

CO2削減 アクション月間

キッズISOのマーク

キッズISOのマーク

Q 「家庭でできるCO削減」について,「台所」,「リビング」,「浴室」,「ごみ」,「服装」などの項目別に
    考えてみよう。
Q 「消費者の8つの権利と5つの義務」とはどのような事か調べてみましょう。
Q 東京都が行っている「白熱灯一掃作戦」とはどのような内容で,どのくらいの効果があるか調べて
    みましょう。


△ページトップへ