エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成18年7月27日
教育庁

教員の職のあり方検討委員会報告について

「これからの教員の任用制度について」 ~新たな職の視点から~

 東京都教育委員会は、今後の東京都公立学校の教育職員等の「職のあり方と職に応じた処遇のあり方」を検討するため、平成18年4月に「教員の職のあり方検討委員会」を設置し、検討を重ねてきました。

 このたび、職責・能力・業績をより適切に評価し処遇するという観点から、2級職(教諭)や管理職(校長等)の職の分化など、今後の教員の任用制度について改革の方向性を検討委員会の報告として、とりまとめましたので、お知らせします。

1 検討委員会報告書概要

 別紙「教員の職のあり方検討委員会報告について」のとおり

2 検討委員会報告書

 別紙「これからの教員の任用制度について~新たな職の視点から~」(PDF形式:209KB)のとおり
  (教員の職のあり方検討委員会報告書 平成18年7月)


<問合せ先>
教育庁人事部勤労課
電話 03-5320-6789