エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

平成23年2月10日
教育庁

小中学校の校務改善の方向性について
~教員の多忙感解消に向けて~


 東京都教育委員会では、教員が多忙感を抱いている状況を解決するための校務改善の方向性を取りまとめましたのでお知らせします。
 今後、区市町村教育委員会と東京都教育委員会との合同検討会議「校務改善委員会(仮称)」を設置し、今年度の研究成果を検証するモデル事業を平成23年度に実施します。
 また、学校関係者、児童・生徒、保護者、地域の方々に幅広く意見を求め、校務改善の具体的な施策に結び付けていきます。


報告書の概要

本調査の目的と手法

 副校長の業務実態調査と、校長、副校長、主幹教諭、事務職員の聞き取り調査


1 調査結果及び考察(別紙概要 1ページ)

勤務時間、業務の内容、業務負担・多忙感の要因、学校ごとの負担の差


2 調査により明らかになった課題(別紙概要 2ページ)


3 解決の方向性(別紙概要 3、4ページ)


意見・提案の募集

1 意見受付

 平成23年2月10日(木曜日)から平成23年3月11日(金曜日)まで

2 様式

 添付ファイル(Excel形式:19.5KB、PDF形式:65.4KB)をダウンロードし、使用してください。

3 提出方法

 電子メール、ファクシミリ、郵送のいずれかの方法で提出してください。

4 受付窓口

5 その他

 いただいた御意見に対しては個別の回答はいたしませんので、あらかじめ御了解願います。



ページトップに戻る


<問合せ先>
教育庁人事部職員課
電話 03-5320-6791