ここから本文です

「第2回 都立高校生等によるボランティア・サミット」を開催しました

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

公開日:令和元年(2019)11月29日

高校生等ボランティアサミットの様子代表生徒によるボランティア宣言

 
 
高校生等ボランティアサミットの様子知事ビデオメッセージ
高校生等ボランティアサミットの様子教育委員会あいさつ
高校生等ボランティアサミットの様子海外ボランティア体験活動報告
 
高校生等ボランティアサミットの様子グループディスカッション
高校生等ボランティアサミットの様子パネルディスカッション
高校生等ボランティアサミットの様子オリンピック・パラリンピックに参加する国や地域の国旗に使われている色を配色した折り紙による「千羽鶴」
 
高校生等ボランティアサミットの様子企画・運営委員の生徒
 
 

11月9日、都立高校生、特別支援学校生及び海外からの留学生が参加し、「第2回 都立高校生等によるボランティア・サミット」を開催しました。
 サミットでは、ベトナムにおける海外ボランティア体験実施報告、全参加生徒によるグループディスカッションを行いました。
 また、パネルディスカッションでは、廣瀬俊朗氏(元ラグビー日本代表)と海沼理佐氏(ボッチャ北京パラリンピック日本代表)をパネリストに迎え、ボランティアの在り方等についての活発な意見交換が行われ、最後に代表生徒がその内容を踏まえたボランティア宣言をしました。

12月14日(土曜日)から16日(月曜日)まで、都庁第一本庁舎1階のアートワークに、ボランティア・サミットでも注目された全都立高等学校等で製作したオリンピック・パラリンピックに参加する国や地域の国旗に使われている色を配色した折り紙による「千羽鶴」を飾ります。都庁にお立ち寄りの際、ぜひご覧ください。

お問い合わせ

教育庁指導部高等学校教育指導課
電話:03-5320-6845 ファクシミリ:03-5388-1733
メール:S9000023(at)section.metro.tokyo.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。
お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページID 4994

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ